[ギフティ社主催]個人開発 Night #3に参加してきました

最終更新日: 2020-02-07

ある個人開発者の大波です。こんにちは。

暖冬といえども、2月の寒さは身にこたえますね。

ギフティさん主催の個人開発者が集う会、「個人開発 Night #3」に参加してきました。

みんなキャラが濃くて面白い

ある技術とかをテーマにした集まりと比べると色々な個性をお持ちの方が多い印象があって発表も多彩で参考になりました。

その人の一生の断片を少し覗いたような感覚とでもいうんでしょうか。

「これを作りたい」という目的から入るからなんですかね。

懇親会もそれぞれが持っているプロダクトやサービスがあるのでネタが尽きないの話が弾んでいいですね。

JOJOのスタンドとかハンターハンターの念能力みたいなノリで、自分の作っているものをゆるく披露できるのが充実感ありました。

例えばGAで流入数とかインストール数が増えた、とかもそれはそれでうれしいのですが

対面でリアルに自分が作ったものを見てもらえる機会はすごく貴重だし、日頃のKPI分析とは違う形での充実感みたいのを得ることができることは素敵なことですね。

行動大事

発表を聞いていて私が一番刺さったのは「Walica」の開発をされた方の話でした。

アイデアや施策の検証のために実際のユーザー候補に会いにいって、話を聞いたりQRコードをキットカット付きでばらまいたりするのって並大抵の行動力ではないと思いました。

ホントにすごいと思います。ここまでやりきる人ってあんまりいないんじゃないかな。

それだけの行動力で色々続けていけばユーザーさんも集まってきて自然と次の展開がやってくるんでしょうね。

ホント、ただただ、そう思いました。すごいよ!

圧倒的ホスピタリティー

受付、司会進行、懇親会にいたるまで神運営でした。

スムーズだし、初参加で初対面の人に対しても穏やかに接してくれるしで神がかってましたね。

運営方法についてもかなり勉強になりました。

自分も過去に何度か勉強会を開催してたりするのですが、運営って結構大変なんですよね。

参加者30人くらいのイベントになると、もうかなりの大仕事。

今の運営に到るまでの間、かなりのご経験をつまれてきたんだろうなぁと思い、帰りにビルに一礼して帰りました。

そして個人開発は続く

久しぶりのイベント参加で、とても楽しかったです!

個人開発は己との対峙が続く行為で、孤独に作り続けていく日々が続きます。

それを自らが望んでやっている一方でどこかしらで人との繋がりはほしいと思うのも正直なところで、こうした機会は実に貴重だなと思いました。

今日からまた己と向き合う日々を続けていこうと思います。